アメリカ生活ナビ

Kaiser Permanente病院でモデルナワクチン接種 1回目

あるスタジアムでは24時間ワクチン接種が可能となっているアメリカより、今日はカイザーという病院でのワクチン接種1回目のご報告です。接種はモデルナでした!

病院は予約がある人しかはいられないので、受付をすませます。そとからどのビルにはいるかすぐにわかりますよ!

ワクチンクリニックまで矢印があります!わかりやすい!

ビルにはいると、体温検査があり予約確認がとれましたら矢印にそってエレベーターでグランドフロアーへ

エレベーターも2人までです!

またまたグランドフロアーで名前と予約確認

そして、矢印にそって進みます

いよいよ接種するお部屋へ、ブースは5つ

お部屋のまえでアレルギー、熱などの確認質問表をよみすべて答えが”NO”であれば、ブースへすすみます。その際にナースに渡す紙も受け取ります(自分の名前のはいった小さなカードです)。

いちど誰かが座った椅子は、そのつど消毒剤されます。

ブースについたら、ナースにさきほどの紙をわたし、あためてアレルギーがなにかあるかチェック。アレルギーがあるかたは接種後30分の待機、ないかたは接種後15分の待機となります。

早速、右または左どちらの腕にうつかきかれます。迅速に接種するため、カーディガンの下には半そで!準備OKです。注射嫌いの私でも大丈夫でした!普段の血液検査とくらべてもちっとも痛くないんです。

さて、ナースにわたしたさき程の自分の名前入りのカードには、どのワクチンをいつ(今日の日付)うったのか、ナースが記載をしてくます。そして、見えるところに貼るように、とナースが数字を記載したシールを胸元に貼り、となりの待機室へ。その時はその数字、わたしの場合は”①110”が謎でしたが、すぐに隣の待機室で謎がとけました。

待機室へ入る前には付き添いはいるかどうかチェック、ない場合は1人で指定のアルファベットマークがある椅子へ。わたしは”H”のシートへどうぞといわれました。椅子はソーシャルディスタンスをとって配置されています。

また接種後の注意事項の紙とワクチンうちました缶バッチ、記念品?!もらいます。

先ほどの①110の意味は?接種1回目、午後1:10帰宅okという事です。①がある人のところへは、動く台にノートパソコンをのせて2回目の接種の予約を取りに席まできてくれて、2回目の接種の予約をします。次回は3週間後。

そして1:10近くになると、別のナースが体調は大丈夫かとチェック(口頭できく)、そして帰宅して大丈夫ですと告げられます。入口とは反対の出口(また矢印あり)にそって、帰ります。

ワクチン、直角に筋肉にうつ?!痛いのかなーと不安でしたが全然問題なく、打ったあとのだるさも痛さもありません。

安心してスムーズにワクチン接種できましたよ!2回目をうったら、早く日本へいけるといいな!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です