アメリカ生活ナビ

フライトアテンダント試験ハワイアン航空編 Part 2

フライトアテンダント面接&試験Part1からの続きです。Part1では1次面接と試験また大まかなスケジュールを記載しましたが、今回はいよいよグループアクティビティーという2次試験について記載をしていきます。

2次試験 Part1~機内で想定される問題への対処は?

1次試験からの2次試験への通過者は約20%くらいであると推測しています。2次試験は1次試験の翌日に、3つ程の試験時間枠から選択が可能になります(11月2019年の場合)。1次試験同様に集合時間の少なくとも15分前には試験会場へ到着しておきましょう。

時間となりましたら、担当の方がロビーへやってきて、1次試験よりも大きな部屋へ全員(1枠に約16名)を通します(順番はファーストネームのアルファベット順、なのでAがファーストネームの方、1番最初に解答をする可能性大です)。

部屋には円になった形で椅子が並べられています。順に着席をし、また順に名前をなのっていきます。2次試験の面接官は1次試験より多く6名(全員女性)ほど、それぞれに紙をペンをもっていらして皆の動きと回答について採点をしている形です。1人のリーダーの面接官の指揮のもと試験は行われます。

名前を名乗り終わった後は、1枚の紙をそれぞれに渡されます。紙にはランダムに数字が書かれています。自分の番がくるまで、決してめくってはいけません。ファーストネームのアルファベット順にならんでいますので、ファーストネームAの方から順に席を立って、渡された紙の番号を言います。そして、紙をめくり、書かれている(英語)文章を黙読します。ここには機内で想定されるあらゆるシナリオが書かれています(皆、それぞれ違うシナリオです)。自分自身で黙読しおわったあと、そのシナリオを声にだして読み上げます。その後、その場面に応じた対処方法を英語で1分以内で答えます(1次試験同様にタイムを計っている方がいらっしゃいます、15秒前には手を挙げてくれます)。

シナリオの例としては、機内で子供がうろうろしている場合、どうしますか?エコノミークラスで腰痛のあるお客様が、ビジネスクラスがあいているなら席を移してほしいと要求してきた場合はどうしますか?後ろの席のお客様の足があたって困るとの別のお客様からのクレームにどう対応しますか?というような感じです。16名全員終了したあとは、2次試験のPart2へ移ります。

2次試験 Part2~グループアクティビティー

16名をそれぞれ4グループに分けられ、それぞれ長いテーブルの席へ移動します。4人1チームという形をとります。席には紙とペン4本がおかれています。各グループに1枚の紙が渡されます、そしてその問題(こちらも機内で想定される問題)への対処方法を2分以内で話し合い紙にまとめ、そして2分終了したら、4名のうち1名が代表となって発表します。代表者も自分たちで決めます、立候補してももちろんOk. この話し合いの状況をすべてを面接官は観察しています。

4つのグループそれぞれ違う問題がわたされているかと思いきや、発表の時にわかるのですが、全てのグループが同じ問題を持っている事が判明します。問題の例は、お客様にカップのコーヒーをこぼしてしまった場合、どのように対処するか? 対処としては、お客様に怪我はないか、また周りのお客さまの状況も確認をする。空いている席があればお客さまにきれいな席へ移動が可能かどうか確認、席の汚れへの対処というような形でした。

2つ目の問題は、同じお客さまに一度目はコーヒーをこぼしてしまい、2度目はカートでお客さまの足を直撃してしまった場合はどう対処するか?とうような状況です。1度目と同様に4人で話あい、代表で発表するものを選んで解決策を発表します。

4人中2名が代表となり、みなの前で発表の機会がありますが、4人中の残りの2名は皆の前で発言をする機会はないという状況になります(もしくは、発表しなくて安心していた、と思っていても、最後に残り2名への質問がやっていきます)。面接を指揮している方が、グループ内で皆の前で発表していない人を名指し、今回の問題でのあなたのグループでの役割はなんでしたか?という質問をなげかけます。そして、4人中最後の1人には、皆でのグループアクティビティーはどうでしたか?といったような質問をなげかけます。回答は席をたって、簡単でいいので皆で協力をしていい回答ができたと思うというような、チームワークができる人間であるというアピールが大切となります。

これで全行程は完了ですが、ポイントとしては机に最初にあった紙とペン、きちんと整えてから帰りましょう。こういった細かい所に気の利く事もとても大切なポイントとなるのです。

そして、笑顔!また笑顔!ですよ。

いよいよ、2次試験通過した場合の最終3次試験、これが面接最後の難関です。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です