国内旅行ナビ

鳥羽駅から名古屋経由で東京駅へ!ニューオータニ東京EDOルーム宿泊記 

やっぱり鳥羽駅にも赤福のサインです!

名古屋についたら、新幹線乗り場ではこれ!きしめんです!そばバーならぬきしめんバー!

早速、ホテルニューオータニ東京、江戸ルームのご案内です!

お正月ムード満載のロビーとエントランス

お部屋からの眺めはホテルフロントがわでした。

むこうには新宿の街並みが見えます

お部屋をはいるとホテルではめずらしく玄関のように仕切りがあり、コートをかける事ができます。アメニティーにはブラシやくし、そして日本タオルもついていてまさにホテルにいながら温泉気分を味わえます。バスルームの仕切りとトイレの仕切りがガラスなのですが、ここが木や竹であったほうがもっとよいとおもいました。

待望の朝食を!ひとり5000円と朝食に期待をしましたが、正直残念の一言でした。これはコロナ渦だからなのか?と目を疑うしなぞろえと質でした。今回のホテル選び、朝食をメインにかんがえていたので、失敗、、

唯一まともなのはカレーライスでしょうか、でもビジネスホテルでもだされるレベル。スープは1品だけ、パンはとにかく手を出さないほうがよいレベルのカサカサのぱさぱさです。そして、お庭が見える席は限られているので、早朝から朝食をたのしんでいるカップルや家族づれに長く占拠され、まったくお庭を楽しむこともかないませんでした。

ぜったいに席の配置をかんがえたほうがよいとおもいます。日本の御三家一流ホテルに期待をしましたが、がっかり。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です