アメリカ生活ナビ

COVID 19 カリフォルニア州よりレッドの上、警告はパープルに

11月末の感謝祭の連休、通常よりも人の動きやギャザリングにパーティーがなかったものの、やはり0%という状況になるわけもなく、、、ここにきてカリフォルニア州ではコロナ感染者そしてICUに運ばれる患者数が急増しています。

11月まで、対策として各郡にわかれての対応でしたが、サンフランシスコベイエリア付近は群ではなく大きな5つの地区にわかれての対応を迫られるようになっています。ICUの空が15%を切った地区は現段階では一番厳しいレッドの上、パープルのルールで生活をしなくてはなりません。

そうなりますと、レストランは野外も禁止、同居家族以外との家族との接触も禁止、エッセンシャルワーカー以外は家で働けるものはリモートでの仕事を強く強いられます。スーパーマーケットもまた列をなす事態となります。

とくにシリコンバレー、アップルやグーグルが本拠地をおくサンタクララ群はひっ迫した状況となっています。

このように、ICUの空が以下になることを避けようとなんとか、急激な感染者や重症患者数を急激にふやさないように、呼びかけている現状です。これは当初政府は12月21日を目途にしていましたが、どうやら年明けまで続きそうです。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です